カレンダー
2014年9月
« 10月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

postheadericon 払われるべき給料

就業規制について大阪で相談するなら:岡本社会保険労務士事務所
岡山で有名な弁護士に依頼をしたいなら【岡山ひかり法律事務所】

多くの方が会社など、誰かに雇われて働いているのではないでしょうか。会社経営者や個人事業を経営しているという人もいらっしゃると思いますが、世の中の大半の人は会社などに雇われて働いて給料を貰うということで生活していますよね。
そんな中、多くの会社では残業が行われていると思います。民間の会社だけではなく役所や学校などで働く公務員でも残業をしなければいけない人は多いと思います。
日本では決められた就業時間内だけでは仕事が終わらず、就業時間後も仕事をするというのがかなり普通のことになっていますよね。
多少の残業はしかたがないかもしれませんし、会社によって繁忙期や閑散期などもあると思いますから忙しい時に残業をしなければいけないというのもある程度はしかたがないことだと思います。
しかしここで問題となっているのは、残業があるということではなく、残業代が払われていないということが多いということなんです。
残業というのは、仕事ですからもちろん給料の対象になります。残業代という形で、働いた分だけ給料に反映されるんです。
しかしながら日本では多くの会社で残業代が払われない残業、いわゆるサービス残業というのが横行してしまっているんです。
サービス、ですから全く残業代が払われていないことも多いですし、ある一定の残業代を超えるとそこから先は支払われないという場合も多いです。
この不況の時代ですから、残業代を払っていられないという事情はわかりますが、社員にとってはたまったもんじゃありませんよね。
一生懸命働いているのは会社のためというわけではありません。給料を貰って生活するために働いているんです。残業するならするでそれに相当する賃金が払われないというのはかなり問題なのではないでしょうか?
もちろん残業代が払われないということは法律違反です。もしも就業規則などで残業代がないなどと明記されていても、そもそもが法律違反ですから適用されません。

しかしイチ従業員が会社を相手取って払われていない残業代請求をするのはかなり難しいですし勇気が入りますよね。
ですからそんな時は弁護士に相談してみてはいかがでしょうか?弁護士はプロですから、きっちりと残業代請求をあなたの代わりに行ってくれます。
就業規則に書いてあるから、と諦めずに一度相談してみてください。今まで働いた分の残業代が払ってもらえるかもしれないんです。
相談だけなら無料という弁護士も多いですから、ぜひ気軽に相談してみてくださいね。

このサイトではそんな日本の会社に横行している残業代未払いについて、そして残業代請求について詳しく紹介していきたいと思います。
日々の残業代が払われていないという人には参考になる内容だと思うのでぜひ参考にしてみてくださいね。

東京で弁護士を探しているなら:ベストフレンド法律事務所
埼玉で弁護士に相談するならこちら|法律事務所SA
社会保険労務士に相談するなら千葉にある:スリーエス